運転支援と安全性

PRE-SAFE®プラス

運転支援と安全性

PRE-SAFE®プラス

メルセデス・ベンツ Sクラス カブリオレに搭載されたPRE-SAFE®プラスの機能の図解。
もう一度見る

差し迫った後面衝突の際の保護プラス。

PRE-SAFE®システムの追加機能は停止中に差し迫った後面衝突の危険がある場合に乗員保護のための予防的措置を作動することができます。

差し迫った後面衝突の際の保護プラス。

PRE-SAFE®システムの追加機能は停止中に差し迫った後面衝突の危険がある場合に乗員保護のための予防的措置を作動することができます。

リアバンパーのレーダーセンサーシステムが車両背後の交通エリアを監視します。追突事故の危険が検出されると、後続車のドライバーに目立つ高い点滅頻度で警告するために、PRE-SAFE®プラスが後部の非常点滅灯を作動させます。車両が停止している場合は、ブレーキ圧を積極的に高めることが可能です。この固いブレーキが衝突時の乗員負担を軽減し、前方へ押しやられて、例えば交差点や歩行者横断道などに侵入してしまうことがないようにします。これにより、乗員保護効果の他に2次的な事故のリスクを低減することが可能です。さらなる機能にはドライバー及び助手席乗員のための可逆性シートベルトテンショナーが挙げられます。その他、シートベルトバックルがニュートラルな位置から下へ引き締められます。このようにベルトシステムに生成されたテンションがより効果的な固定を可能にします。

ドライビングアシスタンスプラスパッケージの一部としてのみお求めいただけます。