照明と視界

ナイトビューアシストプラス

照明と視界

ナイトビューアシストプラス

メルセデス・ベンツ Sクラス カブリオレのインストルメントクラスターにおけるナイトビューアシストプラスの表示。
もう一度見る

夜間に視界をよりよくし、より安全に走行。

ナイトビューアシストプラスは、暗い所で人または大きな動物を早期に認識できるようにドライバーを支援します。

夜間に視界をよりよくし、より安全に走行。

ナイトビューアシストプラスは、暗い所で人または大きな動物を早期に認識できるようにドライバーを支援します。

人や動物はメーターパネルによく見えるように表示されます。そのためにシステムは車線前方を2つの赤外線ランプで幻惑することなく照射します。フロントウインドウに配置された赤外線カメラによってハイビームヘッドライト領域全体が高画質の濃淡画像として再現されます。ラジエーターグリルの中の熱画像カメラが、標識の組み合わせや茂みなどの重要でないものと人や大きな動物などの重要な対象を区別することによって正確な警告を可能にします。これらはディスプレイ表示において彩色された小さな四角形によって強調されます。スポットライト機能で危険に晒された歩行者が何度も点滅灯で照らされて、ドライバーがもっと早く歩行者を検出し、また歩行者も危険な状況を認識できるようにします。標準設定では危険な状況が検出された場合にのみナイトビュー画像が自動的にオンになります。