ラダーフレームは、G-Class の支えとなる構成部品です。

ラダーフレームは、どのような状況においても高い安定性と耐久性を提供します。

厚さ3 ~4mm スチールプレート製のラダーフレームが、すべてのメルセデス・ベンツ G-Class の土台となります。
もう一度見る

ラダーフレームは、G-Class の支えとなる構成部品です。

ラダーフレームは、どのような状況においても高い安定性と耐久性を提供します。

厚さ4 mm の G-Class のフレームは、5,000もの溶接箇所によって組み立てられています。

厚さ4 mm の G-Class のフレームは、5,000もの溶接箇所によって組み立てられています。

フロアアッセンブリにラダーフレーム構造をもつ G-Class は、モノコックボディに比べ安定性と耐荷重性が高く、驚くほどの耐久性がその特徴です。ラダーフレームは、アクスルを除けば常に車両の最下部に位置するものであり、その下にさらに構成部品が突き出していることはありません。したがって、ラダーフレームはオフロードにおける地面との接触の際に車両のフレームを保護します。最適な防錆処理のためにパウダーコーティング、表面処理そして塗装が施されます。すべての空洞部には高温のワックスが流し込まれ、構造物には電着塗装、そして車両フロアにはプラスティックコーティングが施されます。これにより G-Class は、水、雪、融雪剤またはサハラ砂漠の砂等に付け入る隙を与えません。