テクノロジー

The S-Class Sedan

※画像と動画は一部日本仕様とは異なります。

テクノロジー


テクノロジー

未来を颯爽と駆けるための、メルセデス最先端の高効率テクノロジー。

テクノロジー


テクノロジー

未来を颯爽と駆けるための、メルセデス最先端の高効率テクノロジー。

ISG搭載モデル紹介動画
ISG搭載モデル紹介動画
もう一度見る

新たに、胸のすく走りと環境性能を高次元で両立する直6×ISG搭載モデルが登場。

新たに、胸のすく走りと環境性能を高次元で両立する直6×ISG搭載モデルが登場。

直6×ISG搭載

直6 × ISG搭載モデルとは

直6×ISG搭載モデルとは

直6 × ISG搭載モデルとは

エンジンとトランスミッションの間に搭載されるディスク型のモーター・ジェネレーター、ISG(Integrated Starter Generator)。画期的な48V電装システムとの組み合わせで力強いパワーアシストと高効率なエネルギー回生を実現。強烈な発進加速をサポートする電動スーパーチャージャー、高回転までスムーズに吹け上がる新開発の直列6気筒エンジンとともに、胸のすく走りと環境性能を高次元で実現する次世代モデルです。

直6 × ISG搭載モデルの利点

直6×ISG搭載モデル

直6 × ISG搭載モデルの利点

POINT.1
●画期的な電動化技術でさらに進化したエンジン効率

ISGと48V電装システムによる回生機能やブースト機能などによって、高効率な燃費性能を獲得。


POINT.2
●魂をふるわせる瞬時に沸き上がる強烈な加速

ISGによる電動ブースト、電動スーパーチャー ジャー、直6ツインスクロールターボエンジンが、胸高鳴る強烈な発進&加速性能を実現。


POINT.3
●スムーズで上質な直列6気筒のエンジンフィール

完全バランスの直列6気筒エンジンの滑らかな回転上昇が叶える、上質なエンジンフィール。

※写真は一部日本仕様と異なる場合があります。
※写真・イラストはイメージであり、実際の車両と異なる場合があります。

エンジン


エンジン

エンジン


エンジン

ラグジュアリーでダイナミックなドライビングを創造する
メルセデス最強の3.0 ℓ直列6 気筒ターボディーゼルエンジン(エンジン型式:656 )

3.0 ℓ直列6 気筒ターボディーゼルエンジン(エンジン型式:656 )

ラグジュアリーでダイナミックなドライビングを創造する
メルセデス最強の3.0 ℓ直列6 気筒ターボディーゼルエンジン(エンジン型式:656 )

メルセデス最先端のディーゼルテクノロジーを余すところなく投入。
アルミニウム製クランクケースの使用などで、軽量化を実現。優れた効率を実現する燃焼システムやNANOSLIDE®シリンダーコーティングなどによる徹底したフリクションの低減や素早いレスポンスと高出力をもたらす2ステージターボによって、アクセルONとともに瞬時に低回転からわき上がる強大なトルクと、高速域までスムーズに吹け上がる心地よい回転フィールが愉しめます。
さらに、SCR触媒をコーティングしたDPF*をエンジン本体にレイアウトすることで、排ガス浄化のさらなる高効率化を実現。
最高水準のクリーン性能とともに、どんなときも意のままに引き出せる力強さ、そして静かさが、ラグジュアリーでダイナミックな新しいドライビング体験を創造します。

<S 400 d Sports Limited, S 400 d 4MATIC Sports Limited, S 400 d ロング, S 400 d 4MATIC ロングに搭載>
 

*:DPF…Diesel Particulate Filter(粒子状物質除去フィルター)の略称。

次世代のハイパフォーマンスを実現する
4.0ℓ V型8気筒直噴ツインターボエンジン(エンジン型式:176)

4.0ℓ V型8気筒直噴ツインターボエンジン(エンジン型式:176)

次世代のハイパフォーマンスを実現する
4.0ℓ V型8気筒直噴ツインターボエンジン(エンジン型式:176)

Mercedes-AMGの最先端テクノロジーが投入された、Mercedes-AMG GTのエンジンをベースに開発。
2つのターボチャージャーをVバンク内側に配置する革新的な“ホットインサイドV”レイアウトによってハイパワーと俊敏なレスポンスを実現。345kW(469PS)、700N・m(71.4kgf・m)という強力なスペックを獲得しています。
さらに、気筒休止システムも採用しました。

<S 560 long Sports Limited, S 560 long Chauffeured Limited, S 560 4MATIC long Sports Limited, S 560 4MATIC long Chauffeured Limitedに搭載>

圧倒的なパワーと次世代の環境性能を両立した
6.0ℓ V型12気筒ツインターボエンジン(エンジン型式:277)

6.0ℓ V型12気筒ツインターボエンジン(エンジン型式:277)

圧倒的なパワーと次世代の環境性能を両立した
6.0ℓ V型12気筒ツインターボエンジン(エンジン型式:277)

排気量を拡大するとともに、鍛造ピストンや優れたエンジンマネジメントシステムの採用などによって、最高出力390kW(530PS)/4,900~5,300rpmと最大トルク830N・m(84.6kgf・m)/1,900~4,000rpmを発生。静粛にしてなめらかなパワーフィールと2つのターボチャージャーが生み出す圧倒的なパワー&トルクで、トップ・オブ・メルセデスにふさわしい驚異的なパフォーマンスを発揮します。

〈S 600 ロングに搭載〉

トランスミッション


電子制御9速A/T 9G-TRONIC

トランスミッション


快適性、効率性、俊敏性を備えた
電子制御9速A/T、9G-TRONIC

電子制御9速A/T 9G-TRONIC

ダイナミックなレスポンスによる爽快なドライビングフィールと高い静粛性を同時に実現。
さらに多段化による滑らかで俊敏な変速により、上質なスポーティドライビングが愉しめます。
また、パドルシフトを使えばドライバーの意のままにシフトチェンジが行えます。伝達ロスの低減などによって燃費向上も実現します。

〈S 400 d全モデル、S 450(ISG搭載モデル)全モデル、S 400 d ロング全モデル、S 450 ロング(ISG搭載モデル)、S 560 e ロング、S 560 ロング全モデルに標準装備〉

※装備モデルはデータ・インフォメーションをご覧ください。

サスペンション


サスペンション  

サスペンション


サスペンション  

マジックボディコントロール(ダイナミックカーブ機能)

マジックボディコントロール(ダイナミックカーブ機能)

AIRマティックサスペンション

AIRマティックサスペンション

4MATIC


4MATIC

4MATIC


4MATIC

4MATIC

様々な天候や路面状況下で最適なトラクションを発揮。
オンロードでは、コーナリング時や高速走行時の高い安定性を実現。スポーティなドライビングが安心して愉しめます。
また、オフロードや雪道などでは、タイヤの空転や横滑りを抑制し、高い操縦性や走行安定性を確保。軽量コンパクトな設計などにより燃費向上にも貢献します。

EQ


EQ Power

EQ


EQ Power

S 560 e long

S 560 e long

S 560 e long搭載 EQ POWERテクノロジー

利便性と心地よさを大幅に高める
EQ Powerモデル専用機能

利便性と心地よさを大幅に高めるEQ Powerモデル専用機能

利便性と心地よさを大幅に高める
EQ Powerモデル専用機能

Mercedes me connectのリモート車両確認機能では、スマートフォンでバッテリーの充電状況や航続可能距離が確認できます。プリエントリークライメート機能では、コマンドシステムやスマートフォンで、エアコンなどの作動設定が行え、出発前の車内を、夏は涼しく、冬は暖かくしておけます。充電ステーション表示では、COMANDシステムのMB Appsで充電ステーションの位置が確認でき、ナビゲーションの目的地として設定できます。

普段の買い物などはクリーンで静かなEV走行で行える
40.1kmの航続距離

普段の買い物などはクリーンで静かなEV走行で行える40.1kmの航続距離

普段の買い物などはクリーンで静かなEV走行で行える
40.1kmの航続距離

新開発の大容量高性能リチウムイオンバッテリー(37Ah)の採用によって、充電時間が大幅に短縮され、フル充電の状態で、40.1km*1ものEV走行が可能。近距離の買い物や通勤などは、クリーンで静かなEV走行のみで行えます。

*1:充電電力使用時走行距離。定められた試験条件のもとでの値のため、お客様の使用環境(気象・渋滞等)や運転方法(急発進・エアコン使用等)に応じてEV走行距離は大きく異なります。
※E-MODE(電気モーターのみでの走行)での安全性を確保するため、低速走行時に歩行者へクルマの存在を知らせる走行音を発生させます。

長距離ドライブでも安心して出掛けることのできる
ハイブリッドシステム

長距離ドライブでも安心して出掛けることのできるハイブリッドシステム

長距離ドライブでも安心して出掛けることのできる
ハイブリッドシステム

ブレーキング時に運動エネルギーを電気エネルギーとしてバッテリーに蓄える回生機能を搭載しています。
優れた燃費性能を発揮する3.0ℓ V型6気筒直噴ツインターボエンジンとともに、長距離走行時でも安心して目的地へ向かうことができます。

簡単操作で自由に選べる多彩な走行モード

簡単操作で自由に選べる多彩な走行モード

簡単操作で自由に選べる多彩な走行モード

「ECO」「Comfort」「Sport」「Individual」のダイナミックセレクトの4つの走行モードと、「HYBRID」「E-MODE*2」「E-SAVE」「CHARGE」の4つのプラグインハイブリッドシステムモードの組み合わせで、走行する場面に合わせた多彩なモードを選択することができます。

*2:エンジン、リチウムイオンバッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(急加速・所定の車速を超える)などによっては、バッテリー残量にかかわらずEV走行が解除され、エンジンが作動します。

高効率走行を快適にアシストする
インテリジェントアクセルペダル

高効率走行を快適にアシストするインテリジェントアクセルペダル

高効率走行を快適にアシストする
インテリジェントアクセルペダル

EV走行とエンジン走行の切り替えポイントや不要な加速を、右足への触覚で教えてくれるアクセルペダルが、エコドライブを快適にアシストします。

●プレッシャ・ポイント機能
E-MODE(EV走行モード)時に、モーター走行の限界点を、アクセルペダルの抵抗を増大させることで知らせます。ドライバーは、インストゥルメントパネルを見なくても、右足の感触だけで簡単にEV走行を続けることができます。また、プレッシャ・ポイントは、その抵抗をいつでも踏み越えることが可能。さらに力強い加速が必要なときに、エンジンとモーターによるハイブリッド走行を行うことができます。

●ダブル・パルス機能
燃費を最優先するE+モードで走行時に、アクセルペダルが不要な加速操作を教えてくれるので、エコドライブが簡単に行えます。レーダーセーフティパッケージのレーダーセンサーで前走車の距離と速度差を計測し、前走車が減速した場合などに、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させ、アクセルペダルから足を離すようドライバーに促します。足を離すと、回生ブレーキを使用して、バッテリーに充電しながら適切な車間距離を自動で維持します。

※画像と動画は一部日本仕様とは異なります。