常に最大限の視界を確保するアダプティブハイビームアシスト・プラス

常に最大限の視界を確保するアダプティブハイビームアシスト・プラス

画像は、ディスタンスパイロット・ディストロニック&ステアリングパイロットが内蔵されたレーンキーピングアシスト搭載のGLSを表示したものです。

ライトスイッチが“AUTO”のときにハイビームを使用すると作動。フロントウインドウ上部に取り付けられたカメラにより前方の交通状況を検知して、対向車や前走車など、他の車両にハイビームが当たらないよう自動的に照射範囲を制御しながら、常に最大の視界を確保します。また、道路標識などにハイビームが反射すると、自動的に減光し眩惑を防止します。進路や歩行者、危険箇所などを早い段階で確認できるので、ナイトドライビングの安全性を飛躍的に高めます。

※作動速度範囲:約30km/h~

ステアリングパイロット付きディスタンスパイロットディストロニックのメリット:

画像は、GLSのディスタンスパイロット・ディストロニック&ステアリングパイロットを表示したものです。
もう一度見る

ステアリングパイロット付きディスタンスパイロットディストロニックのメリット:

  • リラックスして車線を維持。

ステアリングパイロットを支援するベースは、ステレオカメラで検知された車線区分線であり、これらは両側の車線で明瞭な状態でなければなりません。走行速度60km/h以下で渋滞時の追従走行を行う際、特に車線がない、または不明瞭な場合、システムはさらに先行車両を認識します。

  • インテリジェントなハンドオフ検知。

ドライバーがステアリングホイールから手を放すと警告が発せられ、状況に応じて必要な場合はステアリングパイロットが作動解除されます。このため、ハンズフリーで渋滞時の低速追従走行が可能になります。

  • ご希望のダイナミズムを体験。

走行モードの選択により、自動車間距離制御の走行特性も変更することができます。

  • 高速道路で考慮にいれること。

このシステムは、例えば渋滞が解消される場合や渋滞中は、高速道路や高速道路同様の路上での許可されていない右側追い越し検知を解除することができます。

  • 危険な状態に陥ると警告を発信。

自動ブレーキ操作は、最大5 m/s2のの減速度で行われます。より強いブレーキ操作の必要性をシステムが検知すると、警告音が鳴り、メーターパネルに警告マークが点灯します。この2種類の警告がドライバーにブレーキ操作を要求します。必要に応じて、アクティブブレーキアシストが作動されます。

ステアリングパイロット付きディスタンスパイロットディストロニックは、速度範囲0~200km/hで作動します。このシステムは、逆光、霧、雨天、積雪の場合、搭載されているステレオカメラによって機能が制限される場合があります。

ドライビングアシスタンスパッケージの構成部品としてのみ提供されています。