画像は、カリフォルニアの砂漠を走行するメルセデス・ベンツ GLSの鳥瞰図です。

インスピレーション

ツアーへ:カリフォルニアの砂漠に新しいGLSとともに。

SUVのSクラスです:GLSとの初めてのドライブのために乗車し、シートベルトを締めます!

インスピレーション

ツアーへ:カリフォルニアの砂漠に新しいGLSとともに。

SUVのSクラスです:GLSとの初めてのドライブのために乗車し、シートベルトを締めます!

AIRMATIC:まるで雲に乗っているような走行。

画像は、カリフォルニアの砂漠を走行するメルセデス・ベンツ GLSの3/4フロントビューです。

AIRMATIC:まるで雲に乗っているような走行。

Cahuilla Hillsから15キロにある国道沿いの、カリフォルニア砂漠の中の小さな町。GLSは穴だらけの路面を、まるで穴はまったく存在しないかのように時速90キロで静かに進みます。これはAIRMATICエアサスペンションによって実現されます。それぞれの走行状態や路面状況に応じてサスペンションを適応させ、個々のホイールはそれに応じて自動的に調整します。この技術により、サスペンションは道路の起伏にも確実に対応します。

どこまでも広がる可能性。

画像は、カリフォルニアの砂漠を走行中のメルセデス・ベンツ GLSのフロントビューです。

どこまでも広がる可能性。

私たちは州道を曲がり細い道へと入ります。アスファルトの道は砂の多い地面へと変わります。直線道路は最初はアスファルトの道と同様に快適な走行です。しかし間もなく曲がりくねった道を走行する場合は、ダイナミックセレクトスイッチを「コンフォート」から「オフロード」に切り替えます。道路には起伏があり、そのためアクティブカーブシステムを一層ありがたく思うのです。アクティブローリングスタビリティは、カーブでのより快適な乗り心地を悪路でも提供します。

そしてさらに私たちを感動させること。その印象的な大きさにもかかわらず(車両は5 mを超え、運転者と60リットルの燃料を含めた重量が2,500 kg以上)、GLS 500 4MATICは、ツインターボ8気筒と4WDのおかげで、コーナーでも加速し難なく坂を一気に上ります。

GLS 500 4MATIC:複合燃費:11.3~10.9 ℓ/100 km,複合CO₂排出量:264~255 g/km記載された燃費およびCO2排出量の値は、規定された測定方法 (乗用車エネルギー消費ラベル政令第2条 第5、6、6a項、各時点において有効な改訂版)に基づき測定されています。データは個々の車両に関する値ではなく、また販売条件の一部とはならず、あくまで車種間の比較のみをその目的としています。値は、ホイール/タイヤに依存して変化します。

V型8気筒のパワープラント。

V型8気筒のパワープラント。

ほこりっぽい道をさらに進み、今のところまったく風の吹いていないウインドパークを通過します。風力タービンは静止しています。上り坂を進みます。ツインターボチャージャーのブーストプレッシャーが上昇します。1,800~4,000 U/minで455 PSの場合700 Nmの最大トルクを持つV型8気筒エンジンの印象的な轟音を伴って、私たちは山を登ります。上昇途中で9G-TRONICオートマチックトランスミッションは調和的にギアを切り替えます。

カリフォルニアの砂漠を走行するメルセデス・ベンツ GLSの3/4リアビュー。
画像は、カリフォルニアの砂漠をダイナミックに走行するメルセデス・ベンツ GLSのリアビューです。
画像は、カリフォルニアの砂漠をダイナミックにオフロード走行するメルセデス・ベンツ GLSのフロントビューです。

ほこり、砂そして解放。

画像は、カリフォルニアの砂漠を走行するメルセデス・ベンツ GLSの3/4フロントビューです。

ほこり、砂そして解放。

GLSはSクラスがオフロード対応であったかのように感じます。軽度なクロスカントリーであれば、4WDの4MATICを搭載した車両は、ESPが働くまでもありません。危険をはらんだ地形の移動を最も好む人は、オプションのオフロードエンジニアリングパッケージを特に楽しみます。最大262 mmの最低地上高を提供し、さらに走行モード「オフロードプラス」も利用可能です。パワートレインはここでは未舗装の走行で最適化されます。クロスカントリーでは手動切り替えを推奨します。「M」モードでは、近づきつつある傾斜にギアが適応します。残念ながらここには巨大で広い川は見当たらないので、600 mmの最大渡河深度を今試すことはできません。しかしラグジュアリーなオフロード車にとって河川横断も問題にならないと思います。

広さを感じて。

画像は、ドライバーから見たメルセデス・ベンツ GLSのインテリアです。

広さを感じて。

短い休憩のためにエンジンを切ると、ちりの雲はリアの後方でゆっくりと消えます。広々とデザインされた運転席を見回します。GLの後継車が何故SUVのSクラス であるかはここで明白になります。インテリア自体が、ファーストクラス規格であると見なされています。滑り止めを施されたナッパレザーの高品質なマルチファンクションスポーツステアリングから革張りのダッシュボードそして快適なレザーシートまで、仕上がりは細部にいたるまで一流です。特にCOMAND Onlineシステムの8インチワイドカラーディスプレイが中心に据えられています。これは明るい日光の下でも非常によく見えるものです。広さ、快適さおよび高級感をかもしだします。またGLSはスペースにもゆとりがあります。トランクルームは、後部座席をラゲッジルームにアレンジするというインテリジェントな機能によって680ℓ の容量を確保し、収納スペースは最大積載容量2,300ℓ にも及びます。GLSは何の問題もなく、カリフォルニアの砂漠の星空の下で夜の快適なベッドに変わることができます。

あらゆるシーンに最適。

画像は、カリフォルニアの砂漠を走行するメルセデス・ベンツ GLSの7/8フロントビューです。
画像は、カリフォルニアのマンションの前にあるメルセデス・ベンツ GLSの3/4フロントビューです。

あらゆるシーンに最適。

パームスプリングスを通過してデザートパームズへと戻ります。周りに広がる砂漠にもかかわらず、ここには驚くほど多くの緑地があります。数多くのゴルフコースはこの地域にあり、豊かな植生のための水がコロラド川から来ています。穏やかに走行した後、私たちはヤシの木の下に日陰求めて進みます。その際、パークトロニック付きのアクティブパーキングアシストが貴重なサポートとなることが証明されます。正確かつ自動的に、車両をスペースに誘導するので、私たちはシフトレバー、アクセルとブレーキを使用するだけです。エンジンを切ります。高揚感が絶えません:GLSはSクラス のSUVで、高性能のオフロード車でありまた多くの要求に応え、これらすべてのシーンに調和をもたらしています。

画像は、カリフォルニア砂漠の夕暮れの光の中、オフロードにいるメルセデス・ベンツ GLSです。
申し訳ありません。ご希望のビデオは現在ご覧になれません。後ほど再度お試しください。
もう一度見る

GLS 500 4MATIC:複合燃費:11.3~10.9 ℓ/100 km,複合CO₂排出量:264~255 g/km記載された燃費およびCO2排出量の値は、規定された測定方法 (乗用車エネルギー消費ラベル政令第2条 第5、6、6a項、各時点において有効な改訂版)に基づき測定されています。データは個々の車両に関する値ではなく、また販売条件の一部とはならず、あくまで車種間の比較のみをその目的としています。値は、ホイール/タイヤに依存して変化します。