運転支援と安全性

アクティブレーンキーピングアシスト

運転支援と安全性

アクティブレーンキーピングアシスト

車線内に安全に留まる。

画像はアクティブレーンキーピングアシストの表示付きインストルメントクラスタを示しています。
もう一度見る

車線内に安全に留まる。

アクティブレーンキーピングアシストは、意図しない車線の逸脱を検知し、ドライバーを警告して車両を再び車線に誘導させることができます。

アクティブレーンキーピングアシストは、意図しない車線の逸脱を検知し、ドライバーを警告して車両を再び車線に誘導させることができます。

アクティブレーンキーピングアシストのブレーキ介入は、意図せずに直線を超えた際に行われます。破線の場合、レーダーセンサシステムが隣接車線で衝突の危険を検知した場合にのみ行われます。

このシステムは60~200 ㎞/hの速度範囲内で動作し、インストルメントクラスタ内でオン・オフにしたり、その感度を調整することが可能です。

ドライビングアシスタンスプラスパッケージの一部としてのみ利用可能です。