運転支援と安全性

飛び出し検知機能付アクティブブレーキアシスト

運転支援と安全性

飛び出し検知機能付アクティブブレーキアシスト

距離を保ちます。優位に保ちます。

画像はCクラス カブリオレの飛び出し検知機能付アクティブブレーキアシストの機能概要。
もう一度見る

距離を保ちます。優位に保ちます。

このシステムは横断歩行者との追突事故や事故を防止し、後続事故を減らすことができます。

このシステムは横断歩行者との追突事故や事故を防止し、後続事故を減らすことができます。

レーダーセンサーおよびステレオカメラを通じて、車両前方の周辺状況が常時検知され、評価されます。この場合、システムは前方車だけでなく、交差車両7.2㎞/hから72㎞/hの速度範囲、および交差車両が少なくとも5.4㎞/hまたは独自の速度の50%以上で移動中である場合にのみ、交差車両が検出可能です。 や歩行者も72 ㎞/hの速度まで考慮します。

機能詳細:

  • 衝突の危険性を警告。

危険が認識されると、システムが、安全車間距離が不十分なときは視覚的に、衝突の危険のときは音で警告を発します。

  • ブレーキ圧を状況に応じて高めます。

ドライバーが事故の危険を検知してブレーキを操作すると、可能な限り衝突を回避できるようにするため、飛び出し検知機能付アクティブブレーキアシストが状況に適した追加ブレーキ圧を生成します。

  • 自動部分ブレーキ。

ドライバーが警告音に反応を示さない場合は、飛び出し検知機能付アクティブブレーキアシストが自動的に減速操作を開始します。これにより、速度がすでに大幅に低減され、ドライバーに対して再度触覚的に警告します。時速30 km以下の速度領域では、減速操作で衝突回避が可能です。

  • 自動フルブレーキ。

減速後もドライバーの反応がない場合には、アクティブブレーキアシストがフルブレーキに至るまでの自動減速操作を開始します。歩行者の場合、状況に応じて同時に警告を発し、すぐに自動ブレーキを発動させることもできます。50 ㎞/hまでの初期速度では、歩行者や静止車両との衝突を回避することができます。初期速度がそれよりも高い場合は、 アクティブブレーキアシストは、可能な事故の影響を減らすことに貢献します。

ドライビングアシスタンスプラスパッケージの一部としてのみ利用可能です。