セーフティ

The SL

※画像と動画は一部日本仕様とは異なります。

インテリジェントドライブ


インテリジェントドライブ

インテリジェントドライブ


インテリジェントドライブ

安全な車線変更をサポートするアクティブブラインドスポットアシスト

リアバンパー左右のレーダーセンサーにより、車両の斜め後ろのミラーで見えない死角エリアをモニタリング。そこに車両がいる場合は、ドアミラー内蔵のインジケーターが赤く点灯して注意を喚起。

ドライバーが気づかずにウインカーを作動させると、警告音を発しながらインジケーターが点滅。さらに、側面衝突の危険を検知すると、コースを修正するためにブレーキを自動制御して、危険回避をサポート。追い越し車線に移ろうとして斜め後ろにいるクルマに気づかなかったときなど、ドライバーの不注意によるミスを予防し、安全な走行を支援します。

後方からの衝突被害を軽減するリアCPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)

リアバンパーに設置されたレーダーセンサーが後方のクルマを監視。車間距離と接近速度から衝突の危険があると判断すると、ハザードランプを素早く点滅させて後続車のドライバーに警告するとともに、カラーマルチファンクションディスプレイの警告表示でドライバーにも危険を知らせます。

それでも後続車が十分に減速しない場合は、ドライバーがブレーキを踏むと後方からの衝突に備えてブレーキ圧を高めます。ドライバーが反応しなかった場合でも自動的にブレーキ圧を高めて自車をロック。玉突き衝突の回避など二次被害の軽減をサポートします。さらにシートベルトテンショナーも作動させ、衝撃の影響の低減を図ります。

衝突回避能力が大幅に向上

短距離レーダーと中・長距離レーダーそしてステレオマルチパーパスカメラにより前方を広範囲に監視。先行車だけでなく前方を横切るクルマや合流してくるクルマ、さらには歩行者や道路上の物体との衝突の危険性を検知した場合は、ディスプレイと音で警告。

ドライバーがブレーキを踏むと、アクティブブレーキアシストが衝突を回避するための強力な制動力を発揮できるようブレーキ圧を高めます。

※作動速度範囲:約7~250km/h
※飛び出し検知機能作動速度範囲:約7~72km/h

最適な車間距離を自動でキープし、車線維持もサポート。

安全性を高め、ドライバーの疲労を軽減するディスタンスパイロット・ディストロニック(ステアリングアシスト付)

77GHz(中・長距離)と25GHz(短距離)の2種類のレーダーセンサーにより、先行車を認識して速度に応じた車間距離を維持。減速が必要な場合はスロットル及びブレーキを段階的に自動調整してスムーズに減速し、先行車が停止した場合は自車も停止。アクセルを軽く踏むかクルーズコントロールレバーを引くことで再発進し、十分な車間距離が確保されている場合は設定された速度まで自動的に加速します。先行車との距離が突然縮まった場合には、警告灯と警告音で知らせます。渋滞時などでの利便性を高めるばかりでなく、ドライバーの疲労を軽減するとともに衝突防止による安全性も高めます。またステアリングアシスト機能を装備。レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラによって、車線のカーブと先行車両を認識し、車間を維持しながらステアリング操作をアシスト。ステアリングに手を添えているだけで、高速走行時や渋滞時に先行車両への追従走行をサポートします。


※作動速度範囲:0~約200km/h
設定可能速度範囲:約30~200km/h
※自動運転はできません。両手がステアリングから10秒以上離れていると警告音が鳴り、さらに5秒後にステアリングパイロット機能が解除されます。

疲労や不注意による車線逸脱を防止するアクティブレーンキーピングアシスト

フロントウインドウのマルチファンクションカメラが車線を検出し、フロントホイールが走行車線を越えたと判断するとステアリングを断続的に微振動させてドライバーに警告。

ドライバーが反応しない場合は自動補正ブレーキによって車両を車線内に戻そうとします。高速道路など走行車線が非常に広い場合は警告が早まるなど状況に応じた判断が加えられ、警告の信頼性が向上。また、ドライバーの反応が遅れても自動的に補正ブレーキによる車線復帰をサポートするため、安全性が高まっています。


機能一覧


機能一覧

SL アテンションアシスト

アテンションアシスト

SL パークトロニック

パークトロニック