2.2ℓ 直列4気筒BlueTECエンジン

直列4気筒BlueDIRECTターボエンジン

2.2ℓ 直列4気筒BlueTECエンジン

メルセデス先進のディーゼル技術であるコモンレールシステムを採用。さらに、低回転からの高トルクや素早いレスポンスをもたらすターボチャージャーなどにより、最高出力125kW(170PS)/3,000~4,200rpm、最大トルク400N・m(40.8kgf・m)/1,400~2,800rpmを発生。力強い加速と優れたドライバビリティを発揮します。また、DPF*、SCR触媒コンバーターをはじめとする排出ガス浄化装置などにより、優れた低燃費とともに世界最高水準の環境性能も実現しました。

*:DPF…Diesel Particulate Filter(粒子状物質除去フィルター)の略称。

排出ガス浄化システム“BlueTEC”

排出ガス浄化システム“BlueTEC”

排出ガス浄化システム“BlueTEC”

エンジン内部の技術改善によって有害物質の生成を最小限に抑えるだけでなく、画期的な触媒システムにより排出ガスのクリーン化を実現させたBlueTEC。排出ガス中にAdBlue®(尿素水溶液)を噴射し、熱反応によりアンモニアを生成させた後にSCR触媒コンバーターを通過させ、化学反応により有害な窒素酸化物のほとんどを無害な窒素と水に還元するシステムです。BlueTECは、世界最高水準といわれる日本の極めて厳格な排出ガス規制に適合。さらにヨーロッパやアメリカの厳しい規制もクリアした、高いクリーン性能を実現するディーゼルエンジンとして、その将来が期待されています。

電子制御9速A/T 9G-TRONIC

電子制御9速A/T 9G-TRONIC

電子制御9速A/T 9G-TRONIC

ダイナミックなレスポンスによる爽快なドライビングフィールと高い静粛性を同時に実現。さらに多段化による滑らかで俊敏な変速により、上質なスポーティドライビングが愉しめます。また、パドルシフトを使えばドライバーの意のままにシフトチェンジが行えます。7G-TRONIC PLUSと比べ、トルクコンバータケースのアルミ化などにより約1kgの軽量化を実現し、さらに粘度の低いトランスミッションオイルを採用することで、トルクコンバータの伝達ロスを低減。数々の新技術を採用したメルセデス独自開発の9G-TRONICです。