メルセデス・ベンツ車両を対象とした環境ボーナス。

排気ガスのないの未来のために。

メルセデス・ベンツ車両を対象とした環境ボーナス。

排気ガスのないの未来のために。

未来のモビリティとは電力によって実現します。このため、メルセデス・ベンツは連邦政府と共に新しい電気自動車(100%バッテリー電動の燃料電池車両)ならびにプラグインハイブリッド車両のための助成プログラムに参画しています。環境ボーナスとそのメリットに関する情報はこちらです。

環境ボーナスとは何ですか?また、額はどれくらいですか?

環境ボーナスとは何ですか?また、額はどれくらいですか?

環境ボーナスは、電気駆動の車両の場合は4,000ユーロ、プラグインハイブリッドの場合は3,000ユーロとなります。助成対象となる電気自動車は、基本モデルの税抜き定価が60,000ユーロ未満である必要があります。環境ボーナスは、連邦政府と産業界がそれぞれ半分ずつ負担します。

申請資格のある人は誰ですか?

申請資格のある人は誰ですか?

新車の登録を行った個人、企業、財団、社団法人および協会が申請できます。

助成を受けられる車両はどれですか?

助成を受けられる車両はどれですか?

以下に挙げるメルセデス・ベンツ新車では、助成開始に伴って環境ボーナスを受けられます受け取りは、連邦経済・輸出管理庁(BAFA)が申請に関し前向きな決定を下すことを前提としてのみ可能となります。条件の変更は明確に留保されます。

  • Bクラス:B 250 e

  • Cクラスセダンおよびステーションワゴン:C 350 e

  • Eクラスセダン:E 350 e

環境ボーナスはいつまで有効ですか?また、何をする必要がありますか?

電気自動車をご購入されると、環境ボーナスとして最大4,000ユーロの優待を受けられます。

環境ボーナスはいつまで有効ですか?また、何をする必要がありますか?

この助成プログラムは、規定の連邦予算6億ユーロがすべて支払われるまで、しかしながら最長で2019年まで継続します。

助成対象となっているメルセデス・ベンツ新車のご購入時に、助成金のメーカー負担分1,500ユーロまたは2,000ユーロが購入価格から値引きされ、売買契約書に記録されます。残りの環境ボーナスについては、その後に連邦経済・輸出管理庁(BAFA)に申請し支払を求める必要があります。

B 250 e: 消費電力(混合):16.6kWh/100km;CO2排出量ガス(混合):0g/km。記載された燃費およびCO2排出量の値は、規定された測定方法 (乗用車エネルギー消費ラベル政令第2条 第5、6、6a項、各時点において有効な改訂版)に基づき測定されています。データは個々の車両に関する値ではなく、また販売条件の一部とはならず、あくまで車種間の比較のみをその目的としています。値は、ホイール/タイヤに依存して変化します。実際の走行においては、承認された公称値からの乖離が発生します。実燃費は、個々の運転スタイル、環境および道路状況等、数多くの個々のファクターに影響されます。

C 350 e セダン:燃費(市街地/郊外/混合): -/-/2.4~2.1ℓ/100km; CO2排出量(混合):54~48g/km。記載された燃費およびCO2排出量の値は、規定された測定方法 (乗用車エネルギー消費ラベル政令第2条 第5、6、6a項、各時点において有効な改訂版)に基づき測定されています。データは個々の車両に関する値ではなく、また販売条件の一部とはならず、あくまで車種間の比較のみをその目的としています。値は、ホイール/タイヤに依存して変化します。実際の走行においては、承認された公称値からの乖離が発生します。実燃費は、個々の運転スタイル、環境および道路状況等、数多くの個々のファクターに影響されます。

C 350 e Stationwagon:燃費(市街地/郊外/混合): -/-/2.4~2.1ℓ/100km、CO2排出量(混合):55~49g/km。記載された燃費およびCO2排出量の値は、規定された測定方法 (乗用車エネルギー消費ラベル政令第2条 第5、6、6a項、各時点において有効な改訂版)に基づき測定されています。データは個々の車両に関する値ではなく、また販売条件の一部とはならず、あくまで車種間の比較のみをその目的としています。値は、ホイール/タイヤに依存して変化します。実際の走行においては、承認された公称値からの乖離が発生します。実燃費は、個々の運転スタイル、環境および道路状況等、数多くの個々のファクターに影響されます。

E 350 e セダン:燃費(市街地/郊外/混合): -/-/2.5~2.1ℓ/100km、CO2排出量(混合):57~49g/km。記載された燃費およびCO2排出量の値は、規定された測定方法 (乗用車エネルギー消費ラベル政令第2条 第5、6、6a項、各時点において有効な改訂版)に基づき測定されています。データは個々の車両に関する値ではなく、また販売条件の一部とはならず、あくまで車種間の比較のみをその目的としています。値は、ホイール/タイヤに依存して変化します。実際の走行においては、承認された公称値からの乖離が発生します。実燃費は、個々の運転スタイル、環境および道路状況等、数多くの個々のファクターに影響されます。