メルセデス・ベンツのEモビリティ。

メルセデス・ベンツのEモビリティ。

未来のモビリティを体験してください。

未来のモビリティを体験してください。

エレクトリックドライブ


エレクトリックドライブ。賢く運転し、より遠くへ。

妥協を許さない、排気ガスゼロの運転の楽しみ。

排気ガスフリーで町を走るエレクトリックドライブは、環境への優しさ、走行可能距離そして運転の楽しみを理想的な 形で組み合わせたものです。発進時から最大トルクが利用可能 – 力強く、スムーズに静止状態から加速します。

エレクトリックドライブ


エレクトリックドライブ。賢く運転し、より遠くへ。

妥協を許さない、排気ガスゼロの運転の楽しみ。

排気ガスフリーで町を走るエレクトリックドライブは、環境への優しさ、走行可能距離そして運転の楽しみを理想的な 形で組み合わせたものです。発進時から最大トルクが利用可能 – 力強く、スムーズに静止状態から加速します。

画像は、都会的な環境でモダンな建築物前にあるBクラス B 250 e のサスペンションと ENERGY SPACE です。

妥協を許さない、電気の力。

画像は、電気モーター、高電圧バッテリー、パワーエレクトロニクスや充電器で構成されているBクラス電気自動車のドライブシステムです。

メルセデス・ベンツの電動ドライブシステム。

画像は、Bクラス電気自動車の高性能リチウムイオンバッテリー、充電器および充電ステーションです。

リチウムイオン高電圧バッテリー、充電器および充電ステーション。.

画像は、Bクラス B 250 e の電気モーターおよび差動プラネタリギアです。

B 250 e の電気モーター。

妥協を許さない、電気の力。

バッテリー駆動式電気自動車のドライブシステムは電気モーター、高電圧バッテリー、パワーエレクトロニクスおよび充電器で構成されています。自動車を駆動するのは電気モーターで、電力は高電圧バッテリーから供給されます。このバッテリーは外部の電力網や走行中の回生により充電されます。ここで得られる走行可能距離は、街中での走行だけではなくその他の周辺地域の走行にも問題ないほど長く十分なものです。

B-Class Sports Tourer B 250 e:テストサイクルでの消費電力(混合):16.6kWh/100km以上;CO2排出量ガス(混合):0g/km記載された燃費およびCO2排出量の値は、規定された測定方法 (乗用車エネルギー消費ラベル政令第2条 第5、6、6a項、各時点において有効な改訂版)に基づき測定されています。データは個々の車両に関する値ではなく、また販売条件の一部とはならず、あくまで車種間の比較のみをその目的としています。値は、ホイール/タイヤに依存して変化します。実際の走行においては、承認された公称値からの乖離が発生します。実燃費は、個々の運転スタイル、環境および道路状況等、数多くの個々のファクターに影響されます。.


エレクトリックドライブに関する詳細をご覧ください。

100%電動のモビリティが意味するものとは:その場では排気ガスゼロ、走行時の騒音もほぼゼロ、そして新しいドライビングフィーリングです。

スポーティーな加速、フレキシブルな走行可能距離、高速走行の魅力、そしてこれらすべてを電気の力で操作すること – 未来を見据え、環境に優しくあること。まるでユートピアのような話です。しかしそうではありません。高トルク電気モーターとインテリジェントなテクノロジーを兼ね備えたメルセデス・ベンツの電動ドライブコンセプトが、妥協のない完全に排気ガスゼロの運転の楽しみを提供します。


エレクトリックドライブに関する詳細をご覧ください。

100%電動のモビリティが意味するものとは:その場では排気ガスゼロ、走行時の騒音もほぼゼロ、そして新しいドライビングフィーリングです。

スポーティーな加速、フレキシブルな走行可能距離、高速走行の魅力、そしてこれらすべてを電気の力で操作すること – 未来を見据え、環境に優しくあること。まるでユートピアのような話です。しかしそうではありません。高トルク電気モーターとインテリジェントなテクノロジーを兼ね備えたメルセデス・ベンツの電動ドライブコンセプトが、妥協のない完全に排気ガスゼロの運転の楽しみを提供します。

走行可能距離


日常生活に十分な走行可能距離。

走行可能距離


日常生活に十分な走行可能距離。

画像は、市街地でのメルセデス・ベンツ B-Class Sports Tourer250 e の正面図を ¼ 斜視図で表したものです。

一度のバッテリー充電により、B250は230kmの走行が可能となります。

フル充電の状態では、たとえばBクラスの走行可能距離はおよそ200km(NEDC)となり、日常的な移動需要をカバーします。オプション装備 レンジプラスにより、B 250 e の走行可能距離は最大で15%または30km増加します。

実際の運転操作においては、認定されている規定に比べ多少のずれが生じる可能性があります。実際の値は、多種多様な個別の要素(個人の運転方法、環境や道路の状態など)に影響されます。

走行モード


電気で走る楽しみを実現する走行モード。

走行モード


電気で走る楽しみを実現する走行モード。

高効率またはスポーティーな走り – モデルに応じて様々な走行モードが選択可能です:

  • E+(Economy Plus)では、出力を65kWまで落とし最高速度を約110km/h に制限した、大幅な節約モードが可能となっています。
  • E(Economy)では出力100kWが可能です – 快適で、消費量が最適化された運転方法を実現します。
  • S(Sport)は加速を最大限、そして出力132kWで、優雅でスポーティな走りをご提供しています。

アクセルペダルを踏み切る(キックダウン)と、走行モード E+ や E でも最大出力を呼び起こせます – これはたとえばスピーディで安全な追い越し動作などに役に立ちます。

回生


回生:ブレーキで得るエネルギー。

回生


回生:ブレーキで得るエネルギー。

回生システムによって得られた電気エネルギーはバッテリーに流れ戻り、充電状態を高めます。

回生システムにおけるエネルギーの流れはメディアディスプレイに表示されます。

メルセデス・ベンツの革新的な非同期モーターは、回転方向に関係なくモーターおよびジェネレータとして使用することができます。アクセルを離すことによる減速(惰走モード)およびブレーキングの際に、 電気モーターはジェネレータとして作動しホイールにおいてブレーキトルクを生成します。この時に得られる電気エネルギーはバッテリーに流れ戻り、充電状態を高めます。

これら4つの回生レベルから選択できます:

  • D+:セーリングモード、回生なし
  • D:中程度の回生レベル
  • D–:高い回生レベル
  • DAuto:交通状況によって変化する回生レベル

特に効果を発揮するのはオプションのレーダー支援型回生ブレーキシステムです:このシステムは、需要に合わせて回生を高めたりまたはゼロに下げたりするためにレーダーセンサシステムのデータを利用します。

ウォールボックス


メルセデス・ベンツ ウォールボックス。

ウォールボックス


メルセデス・ベンツ ウォールボックス。

画像はウォールボックスで充電を行う Eクラスの電気自動車です。

自分のウォールボックスで電力補給。

電気自動車の充電は、皆さんが多分思っているよりも簡単に日常生活に組み込むことが可能です:メルセデス・ベンツ ウォールボックスは個人での使用にも社内での充電オプションとしての使用にも適しており、ご自分の電気自動車を簡単、迅速かつ確実に行うことを可能にするものです。プラグインハイブリッド搭載車両もウォールボックスで充電することができます。

プラグインハイブリッド


プラグインハイブリッド。先を行く技術。

走行可能距離の長さと極端に少ない排気量。

プラグインハイブリッドでは、電気エンジンと内燃エンジンが推力を生み出します。回生システムに加え、リチウムイオンの高電圧バッテリーをソケットや充電ステーションで充電でき、100%電力での長距離走行も可能となっています。

プラグインハイブリッド


プラグインハイブリッド。先を行く技術。

走行可能距離の長さと極端に少ない排気量。

プラグインハイブリッドでは、電気エンジンと内燃エンジンが推力を生み出します。回生システムに加え、リチウムイオンの高電圧バッテリーをソケットや充電ステーションで充電でき、100%電力での長距離走行も可能となっています。

メルセデス・ベンツのプラグインハイブリッドに関する詳細ご覧ください。

充電ソケット

高電圧リチウムイオンバッテリーは、リアバンパー右にある充電ソケットを介して外部より充電することができます。

インテリジェントな車載充電システムのおかげで、バッテリーはウォールボックス、一般的な家庭用ソケット、または現在も増加中の公共の充電ピラーで充電可能となっています。

リチウムイオン高電圧バッテリー

バッテリーがフル充電されていると、モデルによっては100%電動かつ排気ゼロで走行可能な距離が30km以上延長されます。

ハイブリッド トランスミッション(電気モーター含む)

シリーズ生産9速 AT 9G-TRONIC のハイブリッド ヘッドでは、電気モーターや追加のでカプラーが内燃エンジンと電気モーターの間に完全に統合されています。

内燃エンジン

モデルによって、4気筒または6気筒のガソリンエンジンが様々な出力レベルのハイブリッド モジュールおよびバッテリーと組み合わされます。

内燃エンジンの出力は、加速時に出力を特別に高める場合など、必要に応じて電気モーターのサポートを受けます。その結果、ドライビングの楽しさや快適さを最小限の燃料消費や低排気と結びつけた走行パフォーマンスが実現します。

回生ブレーキシステム

回生システムにより、惰走時やブレーキング時にエネルギーを回収することが可能になっています。

ハイブリッドドライブで消費量を減らす最大のポテンシャルは、惰走時やブレーキング時に回収されるエネルギーを最大化することにあります。ブレーキペダルを踏むとまず最初に電気モーターが減速を始め、この際にジェネレーターとしての効果を発揮します。

E 350 e:燃費(混合):2.5~2.1ℓ/100km、CO2排出量(混合):57~49g/km記載された燃費およびCO2排出量の値は、規定された測定方法 (乗用車エネルギー消費ラベル政令第2条 第5、6、6a項、各時点において有効な改訂版)に基づき測定されています。データは個々の車両に関する値ではなく、また販売条件の一部とはならず、あくまで車種間の比較のみをその目的としています。値は、ホイール/タイヤに依存して変化します。実際の走行においては、承認された公称値からの乖離が発生します。実燃費は、個々の運転スタイル、環境および道路状況等、数多くの個々のファクターに影響されます。


プラグインハイブリッドに関する詳細はこちらです。

2つの世界から最良の部分を採用 – プラグインハイブリッドと電動エクストラブーストによる加速の迅速化。

電気エンジンとガソリンエンジンを組み合わせることにより、運転者である皆さまには全く新しいドライビングをご経験いただけます。プラグインハイブリッドの革新的な機能は、電気モビリティに対する皆さまの考えを変えることでしょう。


プラグインハイブリッドに関する詳細はこちらです。

2つの世界から最良の部分を採用 – プラグインハイブリッドと電動エクストラブーストによる加速の迅速化。

電気エンジンとガソリンエンジンを組み合わせることにより、運転者である皆さまには全く新しいドライビングをご経験いただけます。プラグインハイブリッドの革新的な機能は、電気モビリティに対する皆さまの考えを変えることでしょう。

プラグインハイブリッド走行モード


希望どおりの運転の楽しみ - プラグインハイブリッドの走行モードで。

プラグインハイブリッド走行モード


希望どおりの運転の楽しみ - プラグインハイブリッドの走行モードで。

画像は、メルセデス・ベンツ Sクラス セダン S500 e セダンの ¼ 正面図です。

快適さ、高効率性、またはスポーティな動き – モデルに応じて様々な走行モードが選択可能です。

Sクラス セダン500 e ロングバージョンでは、たとえば次の走行モードを選べます:

  • 走行モード E(Economy):快適、燃費を最適化した運転方法、エレクトリックドライブはできるだけ頻繁に使用されます。このため、走行中も燃焼器はオフのままです。ECOスタートストップ機能が利用可能です。
  • 走行モード E+(Economy Plus):走行モード E については、インテリジェントアクセルペダルにおいて、ダブルパルスがアクセルペダルを放すよう指示を伝えます。アクセルペダルを放すと、交通状態に応じて車両の惰性走行が適正に調整されます。
  • 走行モード S(Sport):ブースト効果でスポーティな走行 – 内燃エンジンは常にオンになっています。

Sクラス セダン500 e ロングバージョン:テストサイクルでの電力消費(混合):15.5kWh/100km~;燃費(混合):2.8ℓ/100km;CO2排出量(混合):65g/km。記載された燃費およびCO2排出量の値は、規定された測定方法 (乗用車エネルギー消費ラベル政令第2条 第5、6、6a項、各時点において有効な改訂版)に基づき測定されています。データは個々の車両に関する値ではなく、また販売条件の一部とはならず、あくまで車種間の比較のみをその目的としています。値は、ホイール/タイヤに依存して変化します。実際の走行においては、承認された公称値からの乖離が発生します。実燃費は、個々の運転スタイル、環境および道路状況等、数多くの個々のファクターに影響されます。

プラグインハイブリッド操作モード


プラグインハイブリッドにおける操作モード。

プラグインハイブリッド操作モード


プラグインハイブリッドにおける操作モード。

選択されている操作モードがプラグインハイブリッドのインストルメントクラスタに表示されます。

走行モードの選択だけではなく、操作モードスイッチによっても電気走行と内燃エンジン走行のクローズドループ制御に影響を及ぼすことができます。

走行モードに応じて、4 種類の操作モードが用意されています:

  • HYBRID:エレクトリックモード、ブースト、回生といったすべてのハイブリッド機能があり、走行状況や走行道路に応じて無駄なく低消費の走りを実現するために利用されます。

  • E-MODE:100%電気での走行に使用します – 市街地で、またはリチウムイオン高電圧バッテリーが残りの走行距離に対し十分に充電されている場合など。

  • E-SAVE:リチウムイオン高電圧バッテリーの充電状態は維持されます – もっと後で電気走行したい場合のためのものです。このため、エレクトリックモードの利用には制約がかかります。

  • CHARGE:走行中、内燃エンジンによってリチウムイオン高電圧を充電するためのものです。ここではエレクトリックモードは不可能です。

プラグインハイブリッドのバッテリー モード


常に先を見すえた外出時間 - 走行ルートに基づいた運転モード.

プラグインハイブリッドのバッテリー モード


常に先を見すえた外出時間 - 走行ルートに基づいた運転モード.

「HYBRID」モードでは、ナビゲーションシステムの COMAND Online のデータを使用することにより、走行ルートに基づいた運転モードが様々な操作モードを最適な順序で展開します。目的地が入力されると、ルート全体でエネルギーを最適な状態で使用するべくリチウムイオン高電圧バッテリーの充電・放電が制御されます。このような方法でバッテリーがフル充電に近い状態で都市に到達し、そこでは100%電力での走行が可能となります。

プラグインハイブリッド・アクセルペダル


インテリジェントアクセルペダルでより効率的な走りを体感できます。

プラグインハイブリッド・アクセルペダル


インテリジェントアクセルペダルでより効率的な走りを体感できます。

インテリジェントアクセルペダルで、操作モードの切り替えが簡単に:E-MODE での電力走行中にアクセルペダルに圧点を感じる場合、これは、電力による走行性能が最大限にひきだされていることを意味しています。さらに加速すると、内燃エンジンのスイッチがオンになります。ECO アシスタントは、具体的な走行状況において、内燃エンジンをオフにするためにアクセルペダルから足を離す必要があることをダブルパルスで伝達します。

ハイブリッドドライブ


ハイブリッドドライブ。ダイナミックかつ効率的。

運動エネルギーをインテリジェントに利用し、燃料消費は低く抑えつつ運転の楽しみを高めます。

ハイブリッドドライブは内燃エンジンと電気モーターをリチウムイオン高電圧バッテリーと組み合わせています。卓越した性能と、模範的な消費値がその結果です。運動エネルギーをインテリジェントに利用することにより、追い越しや加速のプロセスにおける俊敏性・安全性が高まります。

ハイブリッドドライブ


ハイブリッドドライブ。ダイナミックかつ効率的。

運動エネルギーをインテリジェントに利用し、燃料消費は低く抑えつつ運転の楽しみを高めます。

ハイブリッドドライブは内燃エンジンと電気モーターをリチウムイオン高電圧バッテリーと組み合わせています。卓越した性能と、模範的な消費値がその結果です。運動エネルギーをインテリジェントに利用することにより、追い越しや加速のプロセスにおける俊敏性・安全性が高まります。

メルセデス・ベンツのハイブリッドドライブに関する詳細をご覧ください。

節約上手なチームプレーヤー。

ハイブリッドドライブでは、4気筒ディーゼルエンジンはハイブリッド コンポーネントの小型電気モーターと組み合わされています。

モデルによっては、惰走モード中に速度範囲が160km/h未満の場合には内燃エンジンがオフになる可能性があります。大きく加速する際、ブースト機能は両ユニットの力により、肌で感じられるダイナミクスの向上も実現しています。

走行可能距離を伸ばし、さらなるコンフォートを獲得。

どんな走行状況にもその回生強度を適合させることにより、レーダー支援型回生ブレーキシステムによりエネルギーを効果的に回収します。

回生により減速時には運動エネルギーを電気エネルギーに転換し、車両の走行可能距離を延長します。この際、回生ブレーキシステムは特定のアシスタンスシステムのデータを使用します。

高性能、高効率。

ハイブリッド・モジュールはディスク形状の電気モーターで、スターターおよびジェネレーターとして機能します。電気モーターは燃焼機関とオートマチックトランスミッションの間に配置されています。

モデルに応じて、発進後の最初の数メートル、そして速度35km/hまでは100%電力での走行となります。このほかにも電気モーターは加速時にディーゼルエンジンをサポートし(ブースト効果)、また回生モードではエネルギーの回収(回生)に利用されます。

小型かつ高効率。

リチウムイオン高電圧バッテリーは、小型かつ高効率のハイブリッドドライブの核となるものです。このバッテリーは回生システムにより得られたエネルギーを保存し、このエネルギーが電気モーターを駆動します。


ハイブリッドドライブに関する詳細をご覧ください。

力強い効率性 - ハイブリッドドライブは排気ガスゼロの未来を目指す真の選択肢です。

燃料消費・CO2排出量はより少なく、トルクと出力はより高く:ハイブリッドテクノロジーはこれらすべてのアドバンテージをひとつに合わせたものです。またこの際、エアコンディションやステアリングの快適さも失われません。


ハイブリッドドライブに関する詳細をご覧ください。

力強い効率性 - ハイブリッドドライブは排気ガスゼロの未来を目指す真の選択肢です。

燃料消費・CO2排出量はより少なく、トルクと出力はより高く:ハイブリッドテクノロジーはこれらすべてのアドバンテージをひとつに合わせたものです。またこの際、エアコンディションやステアリングの快適さも失われません。

ハイブリッドドライブ走行モード


希望どおりの運転の楽しみ:ハイブリッドドライブを用いた走行モードで。

ハイブリッドドライブ走行モード


希望どおりの運転の楽しみ:ハイブリッドドライブを用いた走行モードで。

画像はハイブリッドドライブ搭載 Cクラス C 300 h ステーションワゴンの背面図を横からみたものです。

快適かつダイナミックに:Cクラス 300 h ステーションワゴン。

高効率またはスポーティな走り – モデルに応じてこれらの走行モードが選択可能です:

  • 走行モード E(Economy):快適、燃費を最適化した運転方法 – エレクトリックドライブはできるだけ頻繁に使用されます。ECOスタートストップ機能が利用可能です。
  • 走行モード S(Sport):ブースト効果でスポーティな走行 – 内燃エンジンは常にオンになっています。

Cクラス 300 h ステーションワゴン:: 燃費(混合):4.2~3.8ℓ/100km;CO2排出量(混合):106~99g/km。記載された燃費およびCO2排出量の値は、規定された測定方法 (乗用車エネルギー消費ラベル政令第2条 第5、6、6a項、各時点において有効な改訂版)に基づき測定されています。データは個々の車両に関する値ではなく、また販売条件の一部とはならず、あくまで車種間の比較のみをその目的としています。値は、ホイール/タイヤに依存して変化します。実際の走行においては、承認された公称値からの乖離が発生します。実燃費は、個々の運転スタイル、環境および道路状況等、数多くの個々のファクターに影響されます。

ハイブリッドドライブ操作ストラテジー


ハイブリッド車両における予測運転モード。

ハイブリッドドライブ操作ストラテジー


ハイブリッド車両における予測運転モード。

インテリジェント機能で、道路の流れとオフロード走行が最適な形で回生に役立てられます。COMAND Online のデータをもとに、電気エネルギーを使用・取得する最良のタイミングが正確に算出されます。たとえば、上り坂では電気モーターを使用し、バッテリー放電を行うことには意義があります。そして下り坂では、ブレーキを踏む必要はあるとしても、回生によってバッテリーは再び充電されます。

ハイブリッドドライブ・プレエントリーエアコンディショニング


車両キーによるプレエントリーエアコンディショニング。

ハイブリッドドライブ・プレエントリーエアコンディショニング


車両キーによるプレエントリーエアコンディショニング。

この快適機能では、車内の温度を心地よく最適なレベルに調整します。しかもあなたが車に乗り込む前にです。これを可能としているのは、大エネルギー容量のリチウムイオン高電圧バッテリーです。車両がロック解除された時点から、事前の暖房もしくは冷房機能がスタートします。これについては、「キーによるプレエントリーエアコンディショニング」機能をオンボードコンピュータにおいてオンまたはオフにできます。

こちらも参考になるかもしれません。

こちらも参考になるかもしれません。

メルセデス・ベンツのEモビリティにまつわるサービスと情報。

Mercedes me connect アプリはバッテリー充電状態や走行可能距離といった車両情報をスマートフォンに表示します。

Mercedes me connect をご体験ください。

多種多様な機能を一目でご覧いただけます。

画像は、メルセデス・ベンツ ウォールボックスBクラス 電気自動車の3/4正面図です。

メルセデス・ベンツ ウォールボックスでの充電。

安全、迅速、快適:自宅または会社に備え付けた、ご自分の充電ステーション。

画像は、フォイルレタリングが施された走行中のメルセデス・ベンツ GLC F-Cell を側面から見たものです。

フューエルセルによるエレクトロモビリティ。

新しいフューエルセルテクノロジーとプラグインテクノロジーを組み合わせることで、コンフォートと効率性が最大限に引き上げられています。