セーフティ

The C-Class Stationwagon

※画像と動画は一部日本仕様とは異なります。

メルセデスのセーフティ


世界をリードし続ける、メルセデスのセーフティ。

メルセデスのセーフティ


世界をリードし続ける、メルセデスのセーフティ。

80年近くにわたってメルセデスが追求し続けてきたセーフティ。それらの集大成とも言える究極のゴールが、アクシデントフリーです。
Cクラスは、さらに高性能化されたセンサーシステムなど、最先端テクノロジーを惜しみなく注ぎ込むことで、究極の未来に近づく、大きな飛躍を果たしました。
自動車が手にするかつてない知性が、世界最高水準の安全性能と快適なドライビングを実現します。

ハイライト


ハイライト

ハイライト


ハイライト

Drag horizontally
  • アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)&アクティブステアリングアシスト

    高速走行から渋滞時まで、ステアリングに手を添えているだけで、自動加減速とステアリングアシストで、前走車との最適な距離を維持しながら、車線もキープします。
    ドライバーの疲労を大幅に軽減し、安全性向上に貢献します。

    ※ 作動速度範囲:0~約210km/h ※ 設定可能速度範囲:約20~210km/h ※ 車線が不明瞭な場合のアクティブステアリングアシスト作動範囲:0~約130km/h
  • アクティブブレーキアシスト(歩行者 / 飛び出し / 右折時対向車検知機能付)

    前走車、自転車、歩行者などとの衝突の危険を警告。ブレーキ圧の補助や自動(被害軽減)ブレーキで、衝突回避・被害軽減をサポートします。
    さらに、自動(被害軽減)ブレーキで右折時の対向車との衝突回避を図る機能も加わりました。

    ※ 作動速度範囲:約7~250km/h ※ 直線走行時の飛び出し検知機能:作動減速範囲:約7~120km/h ※ 右左折時の飛び出し検知機能:作動減速範囲:約3~15km/h
  • アクティブブラインドスポットアシスト(降車時警告機能付)

    斜め後方の死角にいるクルマや自転車に気づかずに車線変更しようとすると警告や自動補正ブレーキで危険回避をサポートします。
    さらに停車時に、後方から接近するクルマに気づかずにドアを開けようとすると、音とアンビエントライトの点滅で警告します。

    ※ 作動速度範囲:約12~200km/h、自動コース修正作動減速範囲:約30~200km/h ※ エンジンを停止した場合、エンジン停止から3分間作動します。
  • DIGITALライト(ウルトラハイビーム付)

    片側約130万画素のプロジェクションモジュールを瞬時に制御することで、前走車、対向車を眩惑させずに、より広い範囲をかつてない高精度で照射し続けます。

  • PRE-SAFE®インパルスサイド

    側面衝突が不可避であることを検知すると、衝突側前席バックレストのサイドサポートに内蔵されたエアチャンバーが瞬時に膨張。乗員をドアから遠ざけることで衝撃の軽減を図ります。

Cクラス ステーションワゴン メルセデスのセーフティ ハイライト
  • アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)&アクティブステアリングアシスト

  • アクティブブレーキアシスト (歩行者 / 飛び出し / 右折時対向車検知機能付)

  • アクティブブラインドスポットアシスト (降車時警告機能付)

  • DIGITALライト (ウルトラハイビーム付)

  • PRE-SAFE®インパルスサイド

※ 画像は一部仕様が異なります。

※ 日本仕様は右ハンドルとなります。

セーフティ


セーフティ

セーフティ


セーフティ

Cクラス ステーションワゴン もしもの場合に、クルマを安全に停止

もしもの場合に、クルマを安全に停止

Cクラス ステーションワゴン ふいに現れた渋滞後尾への衝突を回避

ふいに現れた渋滞後尾への衝突を回避

Cクラス ステーションワゴン 疲労や不注意による車線逸脱を防止

疲労や不注意による車線逸脱を防止

インテリジェントドライブ


インテリジェントドライブ

インテリジェントドライブ


インテリジェントドライブ

Cクラス ステーションワゴン 危険な状況の回避操作が安心して行える

危険な状況の回避操作が安心して行える

Cクラス ステーションワゴン ウインカーを点滅させるだけで車線変更

ウインカーを点滅させるだけで車線変更

Cクラス ステーションワゴン 初めての道などで制限速度を教えてくれる

初めての道などで制限速度を教えてくれる

※ 先進安全装備はドライバーの安全運転を前提としたシステムで、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。このシステムは走行中の状況により、認識性能・制御性能に限界がありますので、システムだけに頼った運転は行わず、安全運転を心がけてください。先進安全装備をご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。

※画像と動画は一部日本仕様とは異なります。