運転支援と安全性

アクティブブラインドスポットアシスト

運転支援と安全性

アクティブブラインドスポットアシスト

危険を認識すると、ブレーキ介入します。

Cクラス カブリオレのメルセデス・ベンツ インテリジェントドライブ :アクティブブラインドスポットアシスト
もう一度見る

危険を認識すると、ブレーキ介入します。

アクティブブラインドスポットアシストは、道路上の最大の危険源の1つである死角内の車両を可視化します。

アクティブブラインドスポットアシストは、道路上の最大の危険源の1つである死角内の車両を可視化します。

これは例えば、車線変更の際にドライバーに警告し、一方的なブレーキ介入により差し迫った衝突を回避することができます。

アクティブブラインドスポットアシストのレーダーセンサシステムは、車両隣や後方の視界が悪い領域を監視します。他の道路利用者が死角領域内に検出されると、すぐに赤い三角形が該当する側のドアミラーに点灯します。ドライバーがこの警告を見落とし、ターンシグナルインジケータを操作すると、警告灯が点滅し、音で警告が発せられます。それでも車線変更が行われる場合、システムは顕著なコース補正ブレーキ介入を介してドライバーに振動で警告し、反応がそれでも無い場合は車両を危険ゾーン外に操縦します。

アクティブブラインドスポットアシストは、30 km/hの速度以上で動作可能です。コース補正ブレーキ介入は、30~200 km/hの間の速度範囲で利用可能です。

ドライビングアシスタンスプラスパッケージの一部としてのみ利用可能です。