テクノロジー

The Mercedes-AMG GT Roadster

※画像と動画は一部日本仕様とは異なります。

テクノロジー


テクノロジー

テクノロジー


テクノロジー

Mercedes-AMG GT Roadster テクノロジー
AMGパラメーターステアリング

AMGパラメーターステアリング

AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション

AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション

3ステージESP®

3ステージESP®

エアロダイナミクス

エアロダイナミクス

AMG強化ブレーキシステム

AMG強化ブレーキシステム

AMGダイナミックセレクト

AMGダイナミックセレクト

※画像は一部日本仕様とは異なります。

エンジン


エンジン

エンジン


エンジン

4.0ℓV型8気筒直噴ツインターボエンジン

4.0ℓV型8気筒直噴ツインターボエンジン

V8エンジン

V8エンジン

ホットインサイドV

ホットインサイドV

Mercedes-AMGの魂が宿る
4.0ℓV型8気筒直噴ツインターボエンジン

Mercedes-AMGの魂が宿る
4.0ℓV型8気筒直噴ツインターボエンジン

モータースポーツにおける経験と情熱のすべてが注がれた、Mercedes-AMG 100%開発のV8エンジン。
軽量コンパクトでありながら全域での思いのままのパワーを実現するために、2つのターボチャージャーをVバンク内側に配置する革新的な“ホットインサイドV”レイアウトを採用。コンパクトなサイズと、ターボチャージャーへの最適なエアフローを実現しました。
シリンダーウォールには摩擦を大幅に低減するNANOSLIDE®摩擦低減加工を施すとともに、ツインターボチャージャーがドライバーの意思に直結する瞬時のレスポンスを発揮します。
さらにドライサンプ方式の採用で車両の低重心化と、高い横Gがかかる高速コーナリングでの安定したオイル供給を確保するなど、最先端技術の粋を結集。GTは最高出力350kW(476PS)*、最大トルク630N・m(64.2kgf・m)*を、GT Sは最高出力384kW(522PS)*、最大トルク670N・m(68.3kgf・m)*を、GT Cは過給圧を高めることで最高出力410kW(557PS)*、最大トルク680N・m(69.3kgf・m)*を発生。すべての速度域で意のままに溢れ出る怒濤のパワーが駆る者の魂をふるわせる、Mercedes-AMG渾身のV8エンジンです。

* 欧州参考値。



究極のハンドリングと高い快適性の
ダイナミックエンジントランスミッションマウント

ダイナミックエンジントランスミッションマウント

究極のハンドリングと高い快適性の
ダイナミックエンジントランスミッションマウント

エンジンマウントとトランスミッションマウントそれぞれに磁性体入の液体マウントを搭載。各種センサーの情報からドライビングの状況を検知して、マウントの硬さを調整します。
通常走行時は、柔らかいマウントによって、ドライブトレインからのノイズと振動を効果的に遮断。快適性を高めます。
ダイナミックなドライビング時には、マウントを硬くすることでドライブトレインのロールモーションを減少。走行安定性を大幅に向上させるとともに、よりダイレクトなステアリングレスポンスと路面からのフィードバックによって、極限的に俊敏なドライビングが愉しめます。

〈GT Cに標準装備。GT、GT Sにパッケージオプション設定〉

※画像は一部日本仕様とは異なります。