エコカー対象車の税制・補助金について

エコカー対象車の税制・補助金について

エコカー減税について 自動車重量税

自動車重量税

自動車重量税とは、自動車の重量等に応じて課税される国税です。
自動車重量税のエコカー減税は、環境対応車の普及促進のため、2009 年度に導入された制度です。適用期間中に新車新規登録等を行った場合に限り、国土交通省が定める排気ガスと燃費の基準値をクリア、または排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対し、自動車重量税の軽減および免税率が適用されます。

エコカー減税について 自動車税のグリーン化特例(自動車グリーン税制)

自動車税のグリーン化特例(自動車グリーン税制)

自動車税とは、自動車の所有に対して課される地方税(都道府県税)です。
適用期間中に新車新規登録等を行った場合に限り、排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、それらの性能に応じて翌年度分の自動車税が軽減される「軽課」があります。

※自動車税の軽課適用期間は地方により異なります。

エコカー減税について 環境性能割

環境性能割

環境性能割とは自動車取得税が廃止(2019年10月1日)された後、新たに導入された税制度。
自動車の燃費性能に応じて、自家用の登録車は0~3%、軽自動車は0~2%課税されます。(新車・中古車を問わず対象)

エコカー減税について クリーンエネルギー自動車補助金

クリーンエネルギー自動車補助金

クリーンエネルギー自動車補助金とは、「電気自動車」、「プラグインハイブリッド車」に対して、国から支給される補助金です。

※ 国の補助金を受けた車両は、定められた期間(乗用車:4年間)は保有することが義務付けられます。また、補助金の重複申請は認められておりません。補助金額はグレードによって異なります。
※ 補助金の申請が予算枠を超過する場合、補助金交付申請の受付期間を短縮することがあります。
※ 令和2年度第3次補正予算 CEV補助金の申請は2021年11月8日で終了いたしました。令和3年度用の様式は、令和2年度第3次補正用の様式と異なりますので、必ず令和3年度用を使用して申請ください。

※「令和3年度CEV補助金」について詳しくは、次世代自動車振興センターの該当webサイトをご確認ください。