メルセデス・ベンツの安全技術開発が本格的なスタートを切ったのは、いまから70年以上も前の1939年。開発部門内で、当時はその発想すらなかった「自動車衝突安全性」の研究に着手しました。その後、1969年には実際の事故現場に急行して事故原因を含めた様々な分析・研究を行う事故調査活動が始まりました。そして、現在までに4,200件以上もの調査を行い、ほかに代えがたい貴重なデータを数多く蓄積しています。「オフセット衝突」に対応する衝撃吸収構造ボディ、ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)、ダブルファイアーウォールなど、数多くの安全技術がこの活動から開発されています。

 

また、それらの特許を独占せずに次々に無償で公開してきたのは、自社の自動車だけでなく、世界中の自動車の安全性向上を願うからにほかなりません。安全性は単なる技術ではありません。何よりも尊い人間の生命を、何よりも優先して守ることに全力を注ぐ、メルセデスの心そのものなのです。

安全の父「 ベラ・バレニー(Béla Barényi:1907 - 1997)」

安全の父「 ベラ・バレニー(Béla Barényi:1907 - 1997)」

Béla Barényi
Béla Barényi 動画
ベラ・バレニー 天才の安全史
もう一度見る

人命にかかわる特許は、世界中の自動車の安全性向上を願って無償で公開しています。世の中にまだ「自動車の安全性」という概念すらなかった時代、ひとりの技術者がダイムラー・ベンツ社(1939年当時)に主任設計者として迎えられました。

彼の名は、「ベラ・バレニー」。

後に自動車の安全性向上の功績から「ミスター・セーフティ」と呼ばれたこの人物は、「エンジンよりも先に人間を」をモットーに、衝撃吸収構造ボディをはじめ、数々の安全技術を開発していったのです。

彼が会社に在籍した34年間に取得した特許は2,500件にも及び、メルセデス・ベンツはそれを独占することなく無償で公開。これは、それらひとつひとつの技術が、将来の自動車に欠かせないものであることを確信し、世界中の自動車が安全になることを真摯に願ったからでした。

メルセデス・ベンツ安全の歴史

メルセデス・ベンツ安全の歴史

    ことがら
    1939 開発部門内にパッシブセーフティの専門部門を創設。ジンデルフィンゲン工場で安全性研究開始。
    1949

    セーフティ・ドアロックの特許を取得。

    1951 衝撃吸収構造ボディの特許を取得
    1953 世界で初めて衝撃吸収構造ボディを採用したMB180を発表。
    1957 二点式シートベルト(ラップタイプ)を設定
    1959

    ジンデルフィンゲン研究所で初の衝突実験開始。

    ステアリング・ホイール、インストゥルメント・パネルなどに衝撃吸収材を使用し、埋め込み式ドアハンドル、脱落式ルームミラーを採用したMB220を発表。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ことがら
    1967

    エアバッグの開発に着手。全モデルにセーフティ・ステアリング・システムを標準装備

    1969 開発部門に事故調査部を創設。
    1970 アナログ式ABS(アンチロック・ブレ-キング・システム)を発表。
    1978

    デジタル式ABS(アンチロック・ブレ-キング・システム)を発表。

    1979

    オフセットクラッシュ対策がなされた世界初のモデル、Sクラスを発表。

    全モデルの全シートにシートベルトを標準装備。

    1981

    歩行者に配慮したフロントバンパーを採用。

    シートベルトテンショナー付三点式シートベルトと運転席エアバッグを世界で初めてSクラスに設定。

    1985

    ADS(アダプティブ・ダンピング・システム)、

    ASR(アクセレレーション・スキッドコントロール)、4MATICを発表。

    1989

    オートマチック・ロールバーをSLクラスに採用。

    ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)、

    リアフォグランプを全モデルに標準装備(日本仕様車)。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ことがら
    1991 全モデルに運転席エアバッグを標準装備(日本仕様車
    1993 全モデルに運転席・助手席エアバッグを標準装備(日本仕様車)。
    1995

    Eクラス、SLに運転席・助手席サイドバッグを標準装備。

    世界で初めてESP®(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)を開発・発表。

    Eクラスにインテグラル・サポートフレーム、ベルトフォースリミッターを開発・採用。

    1997

    BAS(ブレーキアシスト)を標準装備。

    (Cクラス/Eクラス/Sクラス/SL/CL/CLK)

    チャイルドセーフティシートセンサーを開発・採用。

    全モデルに運転席・助手席サイドバッグを標準装備(日本仕様車)。

    1998

    ウインドウバッグ開発・採用。

    Eクラスセダン/Sクラスにリアサイドバッグを標準装備。

     

     

     

     

     

     

     

    ことがら
    2002

    SBC ®(センソトロニック・ブレーキ・コントロール)をEクラスに採用。

    プレセーフをSクラスに採用。

    2005

    NECK PRO(ネックプロ)アクティブへッドレストをCLSに採用。

    アダプティブブレーキをSクラスに採用。COMANDシステムをSクラスに採用。

    2009

    アダプティブハイビームアシストをSクラス、Eクラスに採用。

    アテンションアシストをSクラス、Eクラスに採用。

    レーンキーピングアシストをSクラス、Eクラスに採用。

    アクティブボンネットをEクラスに採用。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ことがら
    2011

    LEDインテリジェントライトシステムをCLSに採用。

    レーダーセーフティパッケージをE クラスに採用。

    •  PRE-SAFE® ブレーキ:自動緊急ブレーキにより、衝突回避を支援または被害を大幅に軽減。
    • アクティブブラインドスポットアシスト:危険な車線変更による側面衝突の防止をサポート。
    • ディストロニック・プラス:速度に応じて先行車との適切な車間距離をキープ。
    • ブレーキアシスト・プラス:衝突回避のためのブレーキ力をアシスト。
    • アクティブレーンキーピングアシスト:ドライバーの疲労や不注意による 車線逸脱を防止。

    2012

    CPA(衝突警告システム)をBクラスに採用。

    アクティブパーキングアシストをM クラスに採用。

    2013

    360°カメラシステムをGLに採用。

    クロスウインドアシストをGLに採用。

    CPAプラスをCLAクラスに採用。

    レーダーセーフティパッケージをE クラスに採用。

    >詳しくはこちら

    PRE-SAFE®インパルスをSクラスに採用。

    進化型ナイトビューアシストプラスをSクラスに採用。

    SRSベルトバッグ&アクティブベルトバックルをSクラス(後席)に採用。